画期的な夏バテ対策!食欲減退に呼吸法を使う!?

 |  |  | 1
The following two tabs change content below.
徳島県でフリーランスの栄養士としてスポーツ栄養を広め、"食べ方"と"シセイ"を整えています。詳しくは南部真也個人ブログにお越しください。

呼吸

 

今年も夏真っ盛り!旅行に祭りに大忙しの日が続いています。特に徳島では阿波踊りを控えて熱気が高まっています!

 

みんなで盛り上がるのは大変嬉しいことです。しかし、自分の体調は反比例していませんか?

 


 

✔︎毎年夏には食欲が落ちてしまう。。。

✔︎体重が減るのはいいけど、元気と体力も一緒に減ってるかも。。。

✔︎最近食べるのは、さっぱりした麺類が中心になってる。。。

 

そんな悩みを解決するために

 

食欲低下を防ぐためにはどうすればいいのかを探っていきます。


 

そもそも、どうして食欲が落ちてしまうんだろうか?

 

色んな影響がありますが、今回は脳の影響を考えていきます。そして、食欲をコントロールするために脳を落ち着ける呼吸法をお伝えします。

 

まずはじめに、生物は生きるために何かを「食べる」という行動をします。じゃあ「食べる」意思が無くなるというのは生きることを諦めるってこと!?

 

いきなりそうはなりませんが、確実に気力は無くなっていくでしょう。

 

「食欲」って生きていく上でかなり大事な要素です。たいていの人はお腹がすくと食欲が湧いてきて食べたくなります。

 

お腹が空いていないとしても

 

肉汁が滴る分厚い肉!

ジュージューと焼けるいい音!

立ち込める湯気と一緒に醸し出す香ばしい香り!

 

こんな風に五感を刺激されて食べたくもなります。他にもその料理を食べた時の記憶や感情で食べたくなったりもします。

 

結局、脳が食欲を支配しているということですね。専門的言ってもそういう造りになっています。

 

 落ち着く

 

脳を落ち着けることが食欲アップにつながる!

 

あなたは食欲がない時に食べる食品に気を使ったことはないでしょうか?

 

食欲アップさせるには香辛料を使う。

ネバネバ食品を食べる。

喉越しの麺類を食べる。

 

食材からのアプローチも大事です。しかし、今回のテーマは脳を落ち着ける。

 

體(からだ)の内から考えていきましょう。食物を栄養に変える時にもっとも大事なものって何か知っていますか?

 

実は酸素だったんです。

 

その酸素を體(からだ)に入れるには呼吸をするしかないですよね!?当たり前すぎてみんなが見落としがちな部分です。

 

食材に気を使うあなた。今回この話を聞いたさらにレベルアップできます。

 

呼吸により心身を落ち着かせることができると脳もコントロールできるようになります。落ち着いてくると副交感神経と言う食欲を促進させるホルモンが出てきます。

 

そこでおすすめなのが腹式呼吸 息を吐くエクササイズです。

 

 

 

【やり方】

 

①鼻から息を吸う(お腹に空気を入れるイメージ)

②口から「ふぅー」と音を出して息を出す。(お腹を細める)

③吐ききったら腹筋に力を入れて固める。

 

息を吐く時間、数時間は自分の楽な範囲でいいです。慣れてくると長い時間ゆったりと呼吸できるようになってきます。

 

※呼吸をする時に自分のお腹に手を当ててお腹の動きを確認してください。

 

自分が気持ちいいと感じる範囲であれば回数は何回やってもいいです。

 

最後までご拝読ありがとうございます。食欲減退を食品以外からも解決したい人に向けて書きました。食品だけにとらわれずに體の内側のことを意識するきっかけになれば幸いです。

 

是非とも自分にあった呼吸法を探してみてください。

 

”ともにQOLの向上”

執筆者 南部 真也

 

合わせて読むと効果倍増!


The following two tabs change content below.
徳島県でフリーランスの栄養士としてスポーツ栄養を広め、"食べ方"と"シセイ"を整えています。詳しくは南部真也個人ブログにお越しください。

画期的な夏バテ対策!食欲減退に呼吸法を使う!?へ1件のフィードバックがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です