食を選ぶ力実践報告

 | ,  |  | 1
The following two tabs change content below.
徳島県でフリーランスの栄養士としてスポーツ栄養を広め、"食べ方"と"シセイ"を整えています。詳しくは南部真也個人ブログにお越しください。

0710徳島新聞

 

子どものために身につけたい「食を選ぶ力」セミナー

 

TIMEセミナープロジェクトチームとして7月9日に行ってきました。

 

子ども食堂連動企画としてスタートして、食に興味を持ってくれたお父さん・お母さんに向けて「食を選ぶ基準」を知ってもらうために行いました。

 

情報過多の時代に対して本当に知っておくことは特定の食品だけ「食べてはいけない」、「食べたほう」が良いではないんです。

 

この思いで、TIMEはセミナーを行っています。

 

冒頭は参加者の方と打ち解けるためにアイスブレイクで1週間のうちにあった嬉しかったことをシェアしました。

 

みんな嬉しいことを話すと初対面ながら笑顔があふれます^^

 

楽しい雰囲気もつかのま、学びのモードに入ります。

 

坂東さんが食育がなぜ生まれたのか?どんな思いで子どもへの食育、自分自身への食育に取り組むべきなのかを話します。

 

 

そして、

聞くとゾッとする食品添加物の話。

 

一般に的にはあまり取り上げられないけど、知っておかないと10年後に痛い目を見るようなことを話してくれます。

 

 

一つ紹介するとしたら、

 

「100kgの豚肉から130kgのハムができる。」

 

みなさんはご存知でしたか?

 

 

とは言っても今の世の中、すべての添加物を避けて食事をするのは現実的ではない。

 

全てが無理でも、現状を知った上で自分のできることはなんだろう?

 

こんな問いが適切でしょうか?

 

専門家が押し付けることがストレスになるようでは本末転倒。

 

自ら考え、答えを出してもらう。

 

こんな食育がこれからのスタンダードになれば。と感じています。

 

添加物を勉強した後は、「実際にどんな調味料を選べば良いのか?」を考えてもらうために河村さんが㊙︎資料を用意して参加者さんと親身になって話をしています。

 

河村

 

そもそも、調味料ってどうやってできているの?

何を原材料として作られているのか?

 

みその実験を踏まえて食品の違いを知ってもらいました。

 

こちらも全てのものを無添加、自然栽培にするのはコストを考えるとどうしても厳しい。

 

調味料一つだけなら数百円。まずは一つだけでも調味料を変えると
體(からだ)にいい料理ができますよ。

 

 

全部は無理でも、自分にとっての調味料オールスターを作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

料理のさしすせそ

・砂糖

・塩

・酢

・醤油

・味噌

 

どれから始めるのかはあなたの自由です。一度始めたら病みつきになってしまうかも・・・

 

 

こんな形でセミナーを終え、最後には面談時間をとって

 

参加者の方々には3人の管理栄養士を余すところなく活用いただきました。

 

これから生まれてくる子どものために食と向き合うために参加された方からは「良い勉強になった、できることから始めたい」と感想をいただきました。

 

TIME

 

ご参加いただいた皆様
取材に来ていただきました徳島新聞さん
場所を貸していただいたイノベーションセンター徳島さん

また、この記事を最後までお読みいただいた皆様本当にありがとうございました。TIMEは徳島を食で笑顔あふれる県にするために活動を続けていきます。

執筆者 TIME代表 南部真也

 

合わせて読むと効果倍増!


The following two tabs change content below.
徳島県でフリーランスの栄養士としてスポーツ栄養を広め、"食べ方"と"シセイ"を整えています。詳しくは南部真也個人ブログにお越しください。

食を選ぶ力実践報告へ1件のフィードバックがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です