最近の若者は噛む力が弱くて滑舌が悪い【衝撃のフェフ姉さん】

 |  |  | 0
The following two tabs change content below.
徳島県でフリーランスの栄養士としてスポーツ栄養を広め、"食べ方"と"シセイ"を整えています。詳しくは南部真也個人ブログにお越しください。

 

festival

 

こんにちは、菅栄養士以外にもファシリテーターとして新人研修なども行うようになりました。ニュートリションファシリテーターの南部真也です。

 

タイトルにもあるように最近の若者は噛む力が弱くなって滑舌悪化が叫ばれています。特に20代以下の方、自分も含め滑舌の悪い人が周りにいませんか?

 

昔と比べ硬いものを食べる機会が減り、人と会話することが減ったせいで口や下の筋肉が弱りアゴが前にでてしゃくれたり。噛み合わせが悪くなって滑舌が悪くなります。

 

「さ」行が苦手だったりしたら危険信号ですね。

 

普段から、栄養士として「良く噛め」と言っている自分としては見逃せない事態です。

 

そんなことを思っていたらある時、衝撃の動画を見つけてしまいました。

 

その名も「フェフ姉さん」

 

 

一見今風のギャルですが、驚愕の滑舌力です。

 

マツコの月曜から夜更かしで紹介されているえげつない企画です。

 

「さ行」「た行」がかなり苦手なようです。「フェス」が「フェフ」になるほど。。。

 

これが20代の若者の現状とすると、おそらく10代以下はもっと柔らかいものに慣れている世代なんでかなりまずい未来が待っていそうです。

 

英語の発音が出来ずグローバル化に取り残されるならまだマシです。しかし、それ以上に格好のネタになってしまいます。仕事をする上で不利になりそうですね。

 

他人事だと思って笑っていられるのも今の内だけです。今は大丈夫でも噛む力が弱い待っていくと将来的にはこんな発音になることも十分考えられます。

 

どうすればいいのか??

 

噛む力を強くする3つポイント

 

①選べる状況ならより硬いものを選ぶ。

 

)例

ポテチ → せんべい  ケーキ → お餅

 

②食事の時にとにかく「噛む」ことを意識する。

 

最初のひと口だけでよく噛んでください。噛むか噛まないかは意識するかしないかの世界です。

 

③舌を動かすエクササイズを行う。「上下左右」いろんな方向に下を動かしてください。

 

発音は舌の影響が大きいです。普段から動かすことを心がけてください。年をとった時に喉にものを詰まらすことの防止にもつながります。

 

若者の噛む力を取り戻すために「フェフ姉さん」を参考に紹介しました。テレビではフェフ姉さんも滑舌が悪いことを気にして治すことに努力をしているようなので綺麗な発音ができるようになることを祈っています。

 

まとめ

 

若者の滑舌が悪くなっている。

 

その原因は噛む力の弱体化、話をする機会が減ったこと。本来の噛む力を取り戻すために食べることをしっかり意識しましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

”ともにQOLの向上”

執筆者:南部真也

合わせて読むと効果倍増!


The following two tabs change content below.
徳島県でフリーランスの栄養士としてスポーツ栄養を広め、"食べ方"と"シセイ"を整えています。詳しくは南部真也個人ブログにお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です