ダイエットの形を4つに分けた場合”その6”

 | ,  |  | 0
The following two tabs change content below.
徳島県でフリーランスの栄養士としてスポーツ栄養を広め、"食べ方"と"シセイ"を整えています。詳しくは南部真也個人ブログにお越しください。

 

quadrant6

 

南部ちゃん
こんにちは、自発的な食改善をお手伝いするニュートリションファシテーターの南部真也です。

 

続いている4つのダイエットシリーズも6回目となりました。自分の中で見出した理論を文字化しています。これはフリーランスの栄養士として活動する中で、ビジネスの本質もダイエットの本質も似ているところがあるというのを発見したからです。

 

八瀬田伊代
ダイエットに対してなんだかんだで考えさせられることがいっぱいありました!
八瀬田伊代
そうすると自分がやってきたのは表面だけの浅いものだったんだなとも・・・

 

南部ちゃん
大丈夫ですよ!「今」気づけたことが今後に生きていきますから!

 

今までの4つダイエットシリーズ

 

Quadrant

 

今回は右上の筋力トレーンングについて深掘りしていきます。

 

そもそも、右側と左側の考え方には大きな差があります。

 

左は以前から言っていますが、制限により嫌でも痩せていくタイプと自分から運動することにより痩せていくタイプがあります。簡単に言うと「摂取カロリーを減らす」、「消費カロリーを増やす」かです。

 

これは理論的にはやればやるだけ効果が出ます。(個人差はあります)

 

共通して言えることは、これを突き詰めて自分の許容範囲を超えてしまうと体調不良に繋がってしまうことです。ならば、許容範囲を超えないようにするために必要なのが右側の考え方です。

 

結論から言うと、筋肉を増やして自然に消費カロリーを増やそう

 

ということを右上のところで言っています。

 

メリット

 

自然に消費カロリーが高い體(からだ)を作ることができたら今まで無理に制限をしていたことを半分にでき、運動量も半分にすることができます。

 

いわゆる基礎代謝(1日に何もしなくても消費するエネルギー)を高めるということです。ここの土台を強くして取り組むと効率が良くなります。

 

仕事の関係考え方でいうと、自分が少しの労力で多くの仕事をできるような仕組みを作るというとです。

 

例えば、フランチャイズの家元。フランチャイズで店の運営ノウハウを教え、自分は現場の運営からは退きます。そうすると自分は24時間店にいなくても勝手に売り上げが増える状態ができます。

 

現場がどうなっているかを監視するだけでうまく行く仕組み。これを作れた人が世の中では金持ちに近づくということですね。もちろん余った時間でよりサービスの質を高めることや経費の削減を測れば更に利益が増えます

 

八瀬田伊代
右側の考え方は最高ね!仕組みさえ作ってしまえばあとは楽チン
南部ちゃん
ところが右側に行くには大きな壁があるんです。これが超えられないからダイエットに失敗する人が多くなるんです。

 

デメリット

 

トレーニングはきつい

 

この一言に尽きます。トレーニングは筋肉に負荷(重り)をかけて今まで以上の力を発揮するようにすることを目的とするんで楽してできるものではありません。

 

しかも、正しい知識の上で正しいフォームで行わないと怪我のリスクが増えます。

 

一念発起で始めた筋トレもきつい思いをしたにもかかわらず全然筋肉がつかず、やめてしまうことってありませんでしたか?

 

この場合はフォームが間違っていて思っているところに負荷を掛けられず、回数だけこなしている可能性が高いです。

 

八瀬田伊代
そもそも、腹筋一回もできないよ・・・
南部ちゃん
その場合は筋肉の使い方から始めないといけませんね

 

また、いきなりジムに行って自己流で筋トレをしたとしても機械には説明が書いてあります。なんとなくできてしまう。

 

でもこれって本当に正しいフォームでできていないと効果的に負荷を掛けられないばかりか、腰や膝を痛めてしまう原因になることもあります。筋肉をつけたいのに怪我でトレーニングを休む状況が続くと本末転倒ですね。

 

そして、この4つの考え方で一番気をつけないといけないのが、「筋力トレーニング」をした後に「制限」をしてしまうことです。

 

筋肉を鍛えるためにトレーニングをしても十分な栄養を摂ることができないと意味がありません。それこそ筋肉が壊されてそのままで放置される状況です。

 

正しくは、負荷を掛けて筋肉を壊してから栄養素で修復し、以前より大きく強くすることが必要なんです。

 

八瀬田伊代
だからみんな筋トレの後にプロテイン飲むんだぁ!
南部ちゃん
プロテインもいいかもしれませんね。あくまで補助食品。その後にご飯をちゃんと食べないと本当の筋肉は作れませんよ。
八瀬田伊代
ダイエットのためにプロテインだけってのも聞いたことあるけど、ちょっと違うんだね?
南部ちゃん
それも一種の制限なんで一生健康状態を続けられるかどうかというと「?」です。もし、やるなら専門家の指導のもと期間を決めて行う方がいいでしょう。

 

まとめ

 

筋力トレーニングは運動の効果を高めて消費エネルギーを増やすことができる。要は効率よく動かす仕組みづくり。

 

「筋力トレーニング」と「制限」は相反するもの。筋肉をつけたいならしっかり食べないことには始まらない。

 

筋力トレーニングで効果を出すには知識と正しいフォームが必要に成る。ここに費やす時間は必要。厳密にいうと筋肉も使わないと退化するので最低限は続ける必要がある。

 

今までダイエットに失敗をし続けた方、これからダイエットを始めようとする方の参考になれば幸いです。どこに焦点を当てて取り組むかの違いですが、効率を求めるなら知識への自己投資が必要になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

今までの4つダイエットシリーズ

 

 

”ともにQOLの向上”

執筆者:南部真也

フォローいただくと記事更新情報を受け取ることができます。

follow us in feedly

 

合わせて読むと効果倍増!


The following two tabs change content below.
徳島県でフリーランスの栄養士としてスポーツ栄養を広め、"食べ方"と"シセイ"を整えています。詳しくは南部真也個人ブログにお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です