”徳島初の管理栄養士監修子ども食堂”報告

 | ,  |  | 1
The following two tabs change content below.
徳島県でフリーランスの栄養士としてスポーツ栄養を広め、"食べ方"と"シセイ"を整えています。詳しくは南部真也個人ブログにお越しください。

【6月5日TIME監修の子ども食堂開催に感謝】

 

6月5日(日)に子ども食堂を無事開催することができました。

 

雨の中お足元の悪い状況にも関わらず、お越しいただいた方は総勢100名様!100食無事完売することができました。ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございます。

 

子ども食堂8 

徳島新聞

当初、子ども食堂を開催するにあたり「子どもたちに対して管理栄養士として何ができるんだろう?」と考えていました。そこで決まった目的が「栄養の貧困をなくす」でした。

 

一般的な栄養指導だと、「アレをやめなさい」「コレをやめなさい」「好き嫌いはしてはいけません」
こんなこと多い方と思います。

 

しかし、それを言ったところで子どもたちは実行するだろうか?」、「それを言われてどんな気持ちになるだろうか?」ひたすら話し合いを続けました。

 

meeting

 

行き着いた結果が、

「子ども達には家族や友達と楽しく食べてもらうことが一番、そこから食に対して興味を持ってもらおう。」

ということになりました。

 

ただの栄養素だけをみた貧困の解決ではなく、食を通したコミュニケーションを取ってもらう場を作ることにしました。総合的に人間としての成長にもつながるようにとの思いを込めて。この想いを元に進めていきました。

 

当日提供するメニューは

「最高の家庭料理コロッケ定食」と

「夏を楽しむカレーライス」

croquette 

cary

 

もちろん管理栄養士として、栄養素や食材にはこだわりました。地元の農家さんにご協力をお願いして新鮮な野菜をいただきに行きました。

 

農園さんと想いを共有するために収穫を手伝わせてもらいにもいきました。

 

そして、子どもの口に合う味付けはどんなものだろうか?辛さは?ドレッシングは?

 

試行錯誤の中、カレーを作るときに甘くしすぎて、アメーを作ったり。

コロッケの味が濃すぎていかんなこれは、、、など

 

専門的なことを言うと、子どものうちは味覚が敏感なので味付けはなるべく食材本来の味を感じてもらいたいという想いがこもっています。

 

何度もトライアンドエラーを繰り返して当日ご提供することができました。

 

前日、当日忙しい中でもお手伝いに来てくれたボランティアスタッフと「子供達の笑顔を作る」という想いをひとつにして当日を迎えました。当日、雨の日にも関わらず開始早々満席になり子ども達の笑顔でスペースが満たされました。

 

  • 家族で来てくれた子
  • お友達同士で来てくれた子
  • 友達家族と一緒に来てくれた子

 

いろんな子どもたちが来てくれました。

 

みんな笑顔で食べてくれました。

 

children 

children2

※プライバシー保護のためぼかし加工をしています。

 

お味はいかが?

恐る恐る聞くと・・・

 

「美味しい!」

「コロッケめっちゃうまい!」

「カレーの辛さがちょうどいい!」

元氣な声が返ってきました。これだけでも子ども食堂をやった甲斐があります。

 

しかし、もっとすごいことが起こりました。。。

ある一人の子が「味噌汁飲めんかったけど、飲めるようになった!」と笑顔で言ってくれました!

 

当日TIMEとしては食べることや食育の話はしていません。それなのに家族同士で、友達同士で食べることについて話し合って食べられるようになったんです。

 

専門家の介入しない食への取り組みで、みんなが笑顔になり、身体も元氣になっていく。

 

そんなきっかけになれたんではないかと感動しています。

 

実際に家族や友達同士で好き嫌いの話や家庭での食事の話をしているみんなは、なによりも楽しそうでした。

嫌いな野菜でも友達の前では食べています。「いつもは食べんくせに〜」とお母さんに笑われながら。

 

“押しつけることのない食事への取り組み、自発的にどうすればいいかを考えてもらえる。
そうすると自然に食事と向き合える。”

 

そんな場所を作れたことがTIMEの管理栄養士としての誇りです。

これだけのイベントができたことは本当に皆様のおかげです。

 

「TIMEの子ども食堂へかける想いに協賛、ご協力していただいた皆様」

「食材、食器、当日子ども達へ配るプレゼントを快く提供していただいた皆様」

「チラシ配布など広報にご協力いただいた皆様」

「前日の仕込み、当日のボランティアとしてお手伝いいただいた皆様」

「場所をお貸しいただき前日、当日の調理、配膳をお手伝いいただいたCafé tasseの皆様」

 

たくさんの方々に支えてもらいながらTIMEとして子ども食堂を行うことができました。TIMEは暖かい気持ちを持った皆様と子ども達とを繋ぐきっかけになれたことを嬉しく感じています。本当にありがとうございました。

 

まだまだ未熟ではありますが、これからも徳島を食で元氣にしていくために活動を続けてまいります。
どうぞよろしくお願い致します。

 

TIME

 

TIME子ども食堂プロジェクトチーム

南部真也、坂東賢一、河村麻友


協賛、ご協力いただきました皆様(順不同)

徳島に子ども食堂をつくろう!事務局 様

インテリアバン 様

坂東内装 様

アワサーフライダー 様

沖浜整骨院 様

1st.DogTrimming salon 村端 美紀 様

徳元エスニック農園 徳元 龍介 様

一般社団法人地域活性士会 様

古川病院 様

Caf_ Tasse 様

近藤 雅敏 様

佐々木 栄治 様

クレメント矯正歯科 様

徳島新聞 様

株式会社メディコム 様

大谷 様

蒼井るか 様

豊岡 準平 様

吉野 瑠奈 様

麻植 和代 様

四国栄養学生団体Nuways 様

四国大学学生ボランティアの皆様

ハートマネーにご協力いただいた皆様

まだまだ、ここにも書ききれない多くの方のおかげで成り立つことができました。

TIME子ども食堂プロジェクトチーム 一同


収支報告はコチラに記載しています。

 

 

合わせて読むと効果倍増!


The following two tabs change content below.
徳島県でフリーランスの栄養士としてスポーツ栄養を広め、"食べ方"と"シセイ"を整えています。詳しくは南部真也個人ブログにお越しください。

”徳島初の管理栄養士監修子ども食堂”報告へ1件のフィードバックがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です